那須塩原市、那須町、大田原市、矢板市、塩谷町の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ那須塩原店(株式会社とちのき塗装テック)にお任せください!

プロタイムズ那須塩原店

見積・診断無料 お気軽にお問い合わせください
フリーダイヤル0120-123-560
営業時間 9:00~18:00
年中無休(年末年始・GW・お盆を除く)

フリーダイヤル0120123560

スタッフブログ

外壁カバー工事はどんなときに適してる?(遠藤)那須塩原市、大田原市、矢板市、那須町の屋根塗装、外壁塗装、屋根リフォームの外装専門店

那須塩原市、大田原市、那須町、矢板市近郊にお住いの皆様こんにちは。

今回ブログを執筆させて頂きます、とちのき塗装テック(プロタイムズ那須塩原店)の遠藤と申します。

今回は外壁工事に関してです。

弊社では外壁塗装を中心に外壁の張替えや外壁のカバー工法など、様々な外壁工事を行っています。

最近、那須塩原市や大田原市内でも足場が立っている現場を見かけます。外壁塗装かなと思ったら外壁カバー工事をしている様子でした。

とちのき塗装テック(プロタイムズ那須塩原店)では、まず外壁の調査で傷み具合を確認します。

その時に、外壁カバー工法をお勧めする場合は下記の通りです。

①窯業系サイディングが直張り工法で張り付けられている

サイディングの張り方として直張り工法と通気工法の2種類があります。直張り工法は下地に直接サイディングボードを張るため、サイディングと下地との間に通気層が無い工法になります。逆に通気工法は下地の上に通気胴縁を取り付けてからサイディングを張る為、サイディングと下地との間に通気層ができる構造になります。

 

ここで厄介なのが、外壁塗装をする際に外壁が直張り工法ですと、サイディングの内側の湿気が外壁表面からしか逃げ道が無い為、塗装すると塗膜が剥がれるリスクが非常に高いです。

必ずしも剥がれる訳ではないですが、直張り工法の外壁の場合、塗装はあまりお勧めしておりません。

こういった場合に外壁カバー工法を提案しております。

 

②ひび割れや凍害等で外壁が著しく劣化している

このように凍害で塗膜剥離やボードの欠損が生じた場合、この上に塗装をしてもすぐに剥がれてしまいます。補修しても同じです。

水分を含んでサイディングボードの強度が低下していますので、

この状態になった場合は張り替えるか、外壁をカバーするしか方法がございません。

 

 

外壁の張替や外壁カバー工法はメンテンス費用が高いので、まずはお家の傷み具合を専門家に診断してもらい、塗装のメンテンスで大丈夫なのか、それとも外壁張替えや外壁カバー工法といったメンテナンスが必要なのかはしっかり判断していかないといけません。

もちろん塗装にしてもカバー工法にしてもそれぞれのメリット・デメリットがありますので、ご自身のご予算や今後、お家をどうしていくのか、次の世代まで残して行くのかそれとも、自分たちの代までと考えているのかによって選択するメンテナンス方法が変わってきます。

お家の事でお困りごとがあればとちのき塗装テック(プロタイムズ那須塩原店)にお気軽にご相談ください。

人気記事

お問い合わせ
  • 資料請求は こちら
  • お問い合わせ・見積もり
  • 資料請求はこちら
  • お問い合わせ・見積もり
  • 電話問い合わせ
to top